42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ネットカフェ難民は他人事ではない四十路毒女

昨日、久々に近所のレンタルビデオ屋(CD&DVD)さんに行く。
でも店内は衝立で遮られ棚もガランとしていて、レジのお姉さんがDVDを整理しているのが見えるだけ。
えっ?ひょっとして閉店・・・?
聞けばやはり「店じまい」だそうだ。
ガーン・・・・頻繁ではないけど近くだから重宝していたのにな。
いわゆる全国展開しているようなチェーン店ではなく、地元の商店街で
駐車場もない店だし流行ってなかったのか?
私も今年初めて足を運んだ位で常連さんではないけれど、やっぱり
淋しい・・・↓
会員カードも割引チケットも、もう出番がなくなっちゃった・・・。

と、ちょっとばかりしんみりしていたら、もっと気分が急降下する番組が。
NNNドキュメントネットカフェ難民~生活困窮フリーターの
実態』
という30分モノだ。
まだ若い18才~30代後半の男女を何名か取材、見ていて正直溜め息
しか出なかった。
何らかの理由で住みかを失った人達→定住所がない→正規雇用されない→日雇い派遣しかない→その日暮らし・低収入→貯金どころではない→
アパートも借りれない→ネットカフェで寝泊り→また日雇い派遣・・・と、
日々あがきつつも貧困スパイラル
から抜け出せない。
長い人ではもう3年も、そんな生活をしている。

大きな荷物を安いコインロッカーに預け、寝るギリギリの時間に安いネットカフェに入る。
カフェも使い分けていて、ただ寝るだけの時はとにかく安い店。
お風呂に入りたい時は、シャワー付きでタオルやソープ等がタダで使える、
少し高めの店。
「雨露をしのげる場所」さえ無い人達、でも見た目はこざっぱりしていて都会の雑踏に紛れると、どこにでもいる普通の人達。
野外で寝泊りしている高齢の「ホームレス」とは、見た目が違う。
「でもやってる事は同じです。住むところが無いんですから。」と28才の男性が言っていた。
母子家庭で弟妹に仕送りをしていたが、アパートの家賃が払えなくなり追い出された。
でも帰る事も出来ない。
リストラで会社の寮を退寮しなければならなかった男性、
虐待から逃げる為中卒で家を飛び出して働く女の子もいた。
いずれもその前から勤め先は「臨時」「フリーター」と低収入保障なし
当然正社員ではない。
放り出されても、先立つ「お金」が無いから忽ち難民化。
自己責任とは言えど、じゃあどこから手をつけたら良いか分からない。

このような状況は「タメ」と言われるモノが無いからだ、と専門家が分析していた。
タメ=お金・友人・家族・すぐ役立つスキル、と言う
自分を守るものがないと誰でも丸裸になってしまう、と。
私もずっと無職(解雇)だが、何故こうして生活が維持できて、今も暖かい部屋でブログなんか書いていられるのか。
それはひとえに「多少なりともお金が残っていた」から。
確かに年金はギリギリまで滞納したし、銀行カードの借金もある。
でも彼らの「貧困」とは、比べようもない。
本を買ったり、映画を見たり、車を持ち、たまには外食もする。

あと、これは最低なんだが、ホントにもうにっちもさっちもいかなく、後は首を吊るしかなくなったら田舎(実家)に帰ればいいか、何て甘えた考えを持っている。
今は母親も私を追っ払ってるけど、生きるか死ぬかになればさすがに追い出しはしないだろう、と。
古いけど持ち家だし、弟夫婦も街にマンション買って家には寄り付かない。
あ~、いやだ、いやだ。
書いていて気分が悪くなる。
いつまで親に頼るつもり?
もし何かあっても多少の財産は残してくれるかも、何てチラッと考えている自分に嫌気がさす。
もう40過ぎだろうが!

情けない事に、私は「ネットカフェ難民」より「家にいすわるパラサイト」
近いらしい。
逆に、ニート引きこもりになれず、自分で何とかしなくちゃ、と自立心が高い人の方が、誰にもどこにも頼れなくて街を彷徨っているような気がする。
同居嫁の友人宅にも、もうずっと働いていない無職の義兄がいるそうだが、
フツーに元気だそうだ。
生活態度について義両親が叱責する事もなく、夫も「働いて家にいない分、寅さんの方がマシだよな」と笑っているらしい。
友人は、今はともかく義両親が亡くなった後は私達が養うの?と憂鬱らしい。
家族は迷惑でも「まぁ、でもこうしてるとラクだし」と思えるこの義兄さんのように、図太く人まかせの方が「ネットカフェ難民」になりにくいのか?

一人暮らしは長くても、心の底の底では親を、実家を頼みにしている自分が見えたこの番組。
近所のビデオ屋がつぶれて淋しいだの、不便だの、言ってる自分が恥ずかしい
毒女でした。
[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-01-29 20:05 | 映画・テレビ