42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
この2日ほどエラく寒くて、もう使わないだろうと部屋の端によけていた
マフラーを引っ張り出して巻いている。
それにしてもこう寒いと・・・ホントに外に出るのが億劫↓。
無職になりたての頃はまだウォーキングなんか頑張っちゃってたけど、この状況に慣れてくると、何かハッキリした目的や約束がないと
「まぁ今日はいいか、外出たらお金使うもんね」と運動量は減るばかり。

で、先週号の『SPA!』
あまりに今の私にピッタリの記事があり、もう笑ってしまった。

c0101191_19195642.jpgなぜ「下流は太る」のか?
「貧乏=痩せ細っている、という構図は
遠い昔の事。ジムに通いヘルシーな食生活を送る富裕層ほど痩せていて、貧困層ほど太っている。そんな逆転現象が起きているのだ。(後略)」
(本誌より引用)
とあり、専門家の方2人の指摘と、実際
「下流デブ」を地で行く30才前後の男女4人の日常をリポートしている。


私もよく「アメリカでは太っていたら自己管理が出来ない人間として、イイところに就職出来ない」なんて聞かされて
「でもここアメリカじゃないし~、私、日本人だもんね~」何て開き直って
いたが、もうそういうレベルじゃなさそうだ。
『下流社会』の著者、三浦展さん曰く
「下流の人々は食へのこだわりがなく、面倒くさがり。だから手っ取り早く空腹を満たすために、手頃な高カロリーフードばかり食べて太っているんです。私が調査したところ、下流の人が好むのは中華まんやピザといった、片手で食べられるもの。箸を持つのも面倒くさいのでしょう。もちろん自炊もしないから、生物は食べず~(後略)」
(本誌より引用)

もう、ひたすら「その通りです~!」とひれ付すしかない(苦笑)
さすがは、よく分かってらっしゃる、我々の生態を。
確かに有名なお店のスイーツをちびりちびり食べるより、ガッツリ豚まんを頬張る事に喜びを感じる。
お米くらいは炊きますが、おかずは殆どスーパーで半額になったお惣菜。
コンビニの新商品のお菓子が大好き。
割高な事はの分かりつつも、つい立ち寄ってしまいムダ金、垂れ流し。(汗)

お~、私って由緒正しい「下流デブ」なんだわ・・・
私の周りを見回しても、確かに稼ぎのいいダンナ(笑)と結婚してる
友人達は、体型維持、見た目維持に努めている。
生活に余裕がある分、オンナ磨きも怠らない、というか。
もうオバさんだからさ~、と開き直って私と一緒にマクドをおやつ代わりに
している友人は・・老け度が早い?
いやいや、これ以上は言うまい。
かわいい子どもと優しい真面目なダンナがいるんだから、これはこれで
いいんだろう。

因みに下記は「下流デブ度チェック」
さぁ、みなさんはいくつ当てはまりますか??(笑)

 □ 年収(万円)が年齢の10倍未満だ
 □ 未婚だ
 □ 自炊をせず、外食中心だ
 □ 食事の時間、回数が不規則だ
 □ 移動は車やバイクが多い
 □ 面倒くさがり、出不精だ
 □ 食事は一人で取ることが多い
 □ 片手で食べられるものを好む
 □ 生ものを食べていない
 □ セックスパートナーがいない     
(本誌より引用)

該当する項目が多ければ多いほど「下流デブ」である可能性が高い・・・
そうで。
私は△も入れると、8ポイントでした。
うーん、立派な数値だ。(笑)

で、この「下流デブ」からの抜け方だが、究極は「刑務所」に行けば
いい??、そうだ。(笑)
早朝の起床、早めの就寝、規則正しく三食の食事(麦飯)、刑務所内の
作業・・・とヘルシーな生活。
確かにこの私でも痩せそうだー。

でもさすがに、これ以上親を泣かせる事はしたくない、真面目に地味に
生きていたい毒女でした。

※ しかし特集の目玉である「投資脳」云々に何の興味も持たなかった。
ここら辺りから、投資(お金関係)に興味なし=下流への道、まっしぐら・・・って事??(笑)

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-03-07 19:43
この番組、そこらの三流ホラー映画よりよっぽど怖い!

今日は「冷え性」「膝の痛み」だった。
冷え性の方は、確かに寒いと指先が冷たく色も青紫色になってゾンビみたいになるけど、特に心配な点は無かった。

膝は・・・ヤバイです、正直

この肥満体+運動不足で、ちょっと歩くと異常なほどの動悸です。
いつもラグの上にペタッと座って生活してるんだけど、
立ち上がるのも大変!
必ず机に手をついて支えないと「よっこらしょ・・・」
気合入れないと立てません。
まだ42才なのに・・・・。
それでも膝にメチャメチャ負担をかけているのが分かります。

番組内で膝の負担をカバーする為の
太ももの筋力年齢を測る運動があって、
私も早速試してみました。

方法は・・・・
①イスに座る
②腕は胸でクロスして
③立ったり座ったり(膝や腰はまっすぐにして)の回数を
30秒内で何回出来るかを測る

その回数で筋力年齢が分かるそうだけど、私は19回
あ~、60才以上くらいかな、と恐れていたら結果は何と・・・・46才!

実年齢と4才しか違わなかったのです!

+4才とは言え、まだ40代で良かった~、と胸をなで下ろす
レベルの低い所で喜ぶ肥満毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-11-14 23:58 | 映画・テレビ
今はやりのブログ、私もやってみようかなー、なんて。

とにかく毎日、腐った日々を送ってるんですわ。
これでも友人の間では「明るくて前向きなヒト」で通ってるけど、半分当たり、半分大ウソ!
このブログでは、私のそんなダークな部分が出せたらいいな、と思ってます。

【42才】・・・いつの間にこんな年に
【独身・婚暦ナシ】・・・バツイチでも何でもありません
【一人暮らし】・・・高校卒業後、進学のために独立。以来ずっと一人。同棲経験もナシ。
【無職】・・・実はもう3年も前に解雇になりました。最後辺は殆ど会社に行けなくて、要するにクビです。
【肥満】・・・元々太めだった体型は更に肥大化。並みのデブじゃありません。そのせいでヒザの調子が悪いです。
【男ナシ】・・・こんな女に惚れる男なんている訳がない。

3年もの間、友人達にはウソをつきまくってます。

彼女達はまさか私が「無職」
「しかも何の求職活動もしてない」
「ハローワークにさえ行ってない」
「年金も滞納」
「貯金を食いつぶし、クレジットカードで借金もある」
なんて知らないのです。

そして、私がどれだけ彼女達の生活を羨ましく思っているか・・・
無残には殺されたくないけど、かと言って生きていたい訳ではない事も・・・

あーあー、つまらないヤツ。
いつからこんな人間になっちゃったのかな。

田舎にいる母親はこんな娘になっちゃった事に泣いてます。
もう何もかもが投げやり。
気持ちはささくれ立つばかり。

こんな私だけど女友人は多くて、よく誘ってくれる。
また私が見栄っぱりだから、この気持ち(状況)を隠して昔のようにバカ騒ぎ。
一体いつまで続ける気なんだろうね。

あーあー、今日もテレビ見てネットして、近くのスーパーに出来合いのおかず買いに行って終わったよ。
[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-10-27 23:59 | 日常