42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日、夕方からいつものスーパーに車で買出しに行った。
1Fの食料品売り場で、これまたいつものようにカゴを提げて
お買い得品を物色していた。

その時、偶然にも友人夫婦家族を見かけた。
金曜日に遊びに行ったばかりの、「もんちゃん」(2才9ヶ月)家族だ~!
こんな所で、しかもこの広い売り場で見かけるなんて、珍しい~!

でも・・・私は声をかけられなかったのだ。
あんなに仲良くしている友人夫婦なのに!
友人(母)と同じく、ダンナ(父)とも大学時代からの知り合いで
この2人とは20年来の付き合いなのに。
ショッピングカートに乗せられた可愛い「もんちゃん」も一緒なのに!

私はこの3人を見かけて、逃げるように身を隠した。
そして、すぐ反対側の売り場に向かって歩いた。

反射的に隠れてしまった。
いつもなら進んで声をかけるのに。

私が見かけた時、
友人夫婦はスパイスの売り場にいて、2人で楽しそうに商品選びを
している所だった。
「もんちゃん」だけがこっちを向いていて、一瞬「おっ?」という表情をした。
短い時間だったが、カートに乗せた2つのカゴにはイッパイの食料品。
それは「家族」そのもの。

私のカゴには、ただ1人分だけの食料。
一人暮らしだから当然なのに、ものすごく自分が惨めだった。
また、コソコソ隠れるその行為自体が情けなかった。
仲良しの友人なのに、声をかけられない程、彼女達家族は眩しかった。
私には眩しく見えた。

そう考えると、
日曜のスーパーは私が作り損ねた「家族」連れ
ばかり。

少子化なんてウソだろ?という位の子ども、
お父さんが運転する車で家族揃ってお買物。
友人も運転免許を持っていないので、どこへ行くにもダンナの運転。
免許ナシでも不自由はないらしい。
家庭的なダンナはどこでも連れて行ってくれるから。

久々に・・・ものすごく落ち込む。
42才、独身、子ナシ、一人暮らし。
イレギュラーな生き方を自分で選んだ結果が、今日のこのザマだ。
幸せそうな友人夫婦と真っ直ぐ向き合えないほど、私はこんなにも
卑屈になっている。

いつもはそんな事に気付かないフリをして生活しているが、
その「瞬間」に漏れ出してしまう。
どうしようもない圧倒的な孤独感。

これが私の本質、正体、性根。
人生勝ち負けじゃない、と慰めつつも、この「負け」感は如何ともし難い。

今、42才。
これが50才、60才になるともっと孤独感をつのらせるんだろうな。

気分が落ちてきた。
が、とりあえず、こうして感情を吐き出せる場所があることに感謝。

今日は毒を吐く気になれない毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-03-18 23:53 | 日常
Excite エキサイト : 芸能ニュース

谷原章介できちゃった婚だった「2児のパパになりました」

さっき情報番組で谷原さんの結婚記者会見を見た。
まぁ~、爽やかなこと(笑)
聞かれた事に渋い声で、でも深く考え込む事もなくサラサラ~ッと受け答えする谷原さん。
ファンの方はショックの中、益々惚れちゃったんでは?
よくリポーターに追いかけ回されて人目を避け、しぶしぶ会見・・・という
芸能人もいるけど、おめでたい話題でもあるし、今回みたいに早目に会見しちゃった方が後々仕事もしやすいし好感度アップ↑
芸能人にはコレ、必要だろう。

しかし私が興味があるのは谷原さんの方ではなく(ごめんなさい!)
お相手の29才の元グラドルのバツイチママ。
前夫のいしだ壱成さんとの間の3才の男の子がいるそうだが・・・・
2回とも「できちゃった婚」ですか!?
はぁ~・・・結婚も子どもも「出来る人」には何度も出来るんだとな、と実感。
妊娠→でき婚→離婚→妊娠→でき婚、って42年間独身の私からすれば「そんなにイージーに事を運んじゃっていいの?」と思わなくもないけど、
結果幸せになったもん勝ち
結局「いい女」だからそれだけ沢山の男達からオファーもあるんだろう。
事実初婚でモテ男(だと思われる)谷原さんならもっと高条件の女性を
選べただろう。
でも、そんな過去をもモノともしない、むしろ全てを魅力に変えていける
「女度」の高さ。
恵まれたルックスだけではない何か、+アルファがきっとあるんだろう。

20年前なら「そんな、ふしだらな・・・・」と白眼視していたであろう私も、
この年、この状況の中では「どうやったらそんな風にモテるんだろう?」
と、その奥義を教えて欲しい位。
20代の売れ頃に「清い交際」「(結婚までは)簡単にカラダを許して
はいけない」との考えの元、言い寄ってくれる数少ない男性をもはねつけて来たもんな・・・。
今思えば・・・あー、勿体無いことしちゃったよ。(泣)
そのしっぺ返しは、今現在しっかり来ている。
清けりゃ、正しければいいってものじゃなかった
こと男女関係においては。
「水清ければ魚住まず」じゃないけど、気付いた時にはもう遅く、かと言って女としての魅力も乏しくギアチェンジ出来ないまま、ズルズルと独身で来てしまった。

あの頃「恋多き女」と浮名を流した友人はそれなりに結婚し、子宝にも
恵まれ不倫も軽くこなしながらいい奥さん・母親をやっている。(苦笑)
私はと言えば、別に独身を貫く気もなかったのに結果として「独身」

生涯未婚率(50才時点の平均で)という恐ろしい確率があるそうだが、男性で12,4% 女性で5,8%らしい。
そうか・・・私はこの5,8%にまさに入りそうなんだ、予備軍ってこと。
100%の内の5,6%・・・・この手のマイノリティは勘弁願いたいんだが↓
「50才時点」としている所もコワイ。
もうこの時点で結婚してなければ、あとの人生も結婚しない(出来ない)よな~、って見解だもんな。

結婚相手として報道されている三宅さん、メスとしての「スキル」が極めて高い女性なんだろう。
女としてのフルコースを心行くまで味わっている、というか。
あー、こういう女性の爪の垢でも煎じて飲みたかったよ、20年前に!
「富めるものは富み、貧するものは益々貧する」(←マルクス?)よろしく
「モテるものはモテ、モテないものは益々モテない」を地で証明する
プアーな毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-01-16 19:42 | ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

日本の人口50年後 8993万人 
出生率1,26に下方修正


50年後かぁ・・・・私はもう90才超えてるから生きてはないだろうな、と
思いつつ「出生率」には興味を持った。
1,26って、これって少ないわけ?

早速私の周りの「出生率」のサンプル探し。

①地元の高校時代からの友人6人
  (今でも年賀状の行き来有り。たまの近況報告のメールも)
 ・ 6人全て既婚者(1人はバツイチ→再婚)
 ・ 6人全て子どもあり
 ・ 子ども数 15人/6人・・・・・1人当たり 2,5人の出生率
②大学時代からの友人6人
  (殆どがこの地方に住んでいるので、割と頻繁に会ったり電話)
 ・ 6人のうち既婚者5人・1人はバツイチ
 ・ 6人のうち4人こどもあり
 ・ 子ども数 7人/6人・・・・・・・1人当たり 1,16人の出生率
③前の会社からの友人8人
  (殆どがこの地方に住んでいて頻繁に会えるのは②と同じ)
 ・ 8人のうち既婚者2人・3人はバツイチ
 ・ 8人のうち子どもありは1人
 ・ 子ども数 1人/8人・・・・・1人当たり 0,125人の出生率

①→③にいくに従い、見事に下がっていく出生率。
①②③どれも知人レベルではなく、もっと親密に付き合っている間柄。
年齢も①②はみんな私の同級生。③はチョットだけ若く39,6才。
なのにこうも開きが出てくるのは何故か・・・?

という事で考えられる事は
は1人を除き5人全てが20代で結婚している妊娠可能年数が長い中での結婚生活。それだけ子どもも増えやすい?
既婚者自体が少ない、その既婚者も35才過ぎの結婚
その割りにバツイチが多い(その後再婚もなし)
あと特筆すべき事は・・③のみ「婚歴なし・子ナシ」がいる。しかも3人も!
これは①②にはないタイプ。
もちろんこれには私も加わるので、実質4人になるんですが・・・・

③を見る限り、そりゃあこれじゃ少子化にもなるでしょう、って感じ。
まず結婚する事、しかもなるべく若いうちに!と言われている気がする。
40も超えるとさすがに周りからの「早く結婚しないと~」「いつ結婚するの~」コールもゼロに近くなる。
「彼氏出来た~?」って聞かれる事も無くなったし、逆に「結婚だけが
人生じゃないし~」
何て慰めてもらったり。
親さえも、既に諦めてるし。
こうして見ると、何でも「言われるウチが花」ですわ(苦笑)

という訳で、少子化のニュースはすこーし耳の痛い毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-12-21 23:53 | ニュース
今はやりのブログ、私もやってみようかなー、なんて。

とにかく毎日、腐った日々を送ってるんですわ。
これでも友人の間では「明るくて前向きなヒト」で通ってるけど、半分当たり、半分大ウソ!
このブログでは、私のそんなダークな部分が出せたらいいな、と思ってます。

【42才】・・・いつの間にこんな年に
【独身・婚暦ナシ】・・・バツイチでも何でもありません
【一人暮らし】・・・高校卒業後、進学のために独立。以来ずっと一人。同棲経験もナシ。
【無職】・・・実はもう3年も前に解雇になりました。最後辺は殆ど会社に行けなくて、要するにクビです。
【肥満】・・・元々太めだった体型は更に肥大化。並みのデブじゃありません。そのせいでヒザの調子が悪いです。
【男ナシ】・・・こんな女に惚れる男なんている訳がない。

3年もの間、友人達にはウソをつきまくってます。

彼女達はまさか私が「無職」
「しかも何の求職活動もしてない」
「ハローワークにさえ行ってない」
「年金も滞納」
「貯金を食いつぶし、クレジットカードで借金もある」
なんて知らないのです。

そして、私がどれだけ彼女達の生活を羨ましく思っているか・・・
無残には殺されたくないけど、かと言って生きていたい訳ではない事も・・・

あーあー、つまらないヤツ。
いつからこんな人間になっちゃったのかな。

田舎にいる母親はこんな娘になっちゃった事に泣いてます。
もう何もかもが投げやり。
気持ちはささくれ立つばかり。

こんな私だけど女友人は多くて、よく誘ってくれる。
また私が見栄っぱりだから、この気持ち(状況)を隠して昔のようにバカ騒ぎ。
一体いつまで続ける気なんだろうね。

あーあー、今日もテレビ見てネットして、近くのスーパーに出来合いのおかず買いに行って終わったよ。
[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-10-27 23:59 | 日常