42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:モテない ( 3 ) タグの人気記事

さきの日曜夕方、「人は見た目が9割」という特集番組があった。
何で今頃?地方だから今頃放映されるのか?と思いつつ、番組では著者の竹内一郎先生を迎えて、11回連続してお見合いで断られている40才半ばの男性や就職の面接、小学生からの見た目、ホストが見る女性の
見た目などを実験していた。

見終ると、本の方を再読したくなり捜す。
タイトルも番組と同じ『人は見た目が9割』(竹内一郎)
私、この「見た目」ってトコに騙されて買ったんだよなー。
見た目=外見=容姿が美しいか醜いか、
それでもって、容姿の美しいモノは得をする、いわゆるパッと見の良し悪しに人間が左右される、という趣旨の本だと信じて買った。
ブサイクはやっぱりモテない、外見より内面重視なんてウソっぱち、という事を証明して欲しかったと言うか。
うーん、自虐的↓

因みに本書の帯には「理屈はルックスに勝てない。」
そりゃ、騙されるでしょう!(笑)
でもその下には「日本人のための『非言語コミュニケーション』入門」とちゃんと書かれてあるんだよな・・・これに気が回らなかった。

内容も当然私が想像していたものではなく、「見た目」の定義からして大きく違っている。

「(前略)人が他人から受け取る情報の割合について次のような研究結果を発表している。

○見た目・身だしなみ、仕草・表情 55%
○声の質(高低)、大きさ、テンポ 38%
○話す言葉の内容 7%

話す言葉の内容は7%に過ぎない。(略)
ついついコミュニケーションの「主役」は言葉だと思われがちだが、それは大間違いである。実に9割以上が、見た目その他だということが分かっている。多くの人が実は「人を見かけで判断」しているのだ。」
(本文より引用)

声なんて「見た目」じゃないじゃん
そりゃこんなものまで入れれば9割以上になるわな、
とテンション下がりまくり。
と同時に自分の浅薄な思い込みが恥ずかしくもあり。
読めば、あ~なるほどね、あるある、と頷きつつも、頭にはさほど残らなかった。(笑)
やはり最初の期待が大き過ぎた?

この「見た目」、私はずっと自分は損をしていると思って来た。
だって、モテなかったもんねー、やっぱり。
しかし損ばかりでもないのかも。
この結構エゲツない性格の私が、「見た目」では優しく家庭的で穏やかな女性に見えるらしい。
ついでにお菓子作りや料理も上手そうに見えるらしい・・・大爆笑
おデブはそれだけで人が良さそうに見えるのか?
顔のパーツも全て丸いしな。
でも少し関わると、女性がそのギャップを面白く好意的に受け入れてくれる反面、男性からは引かれてしまう事多々アリ。
短気でせっかち、我が強い、毒舌、可愛げがない・・・
男もバカじゃない、私の本性は丸バレだったようだ。

若かりし頃「あまーい外見」(どこがじゃー!・笑)に合わせて丸い性格に
なっていれば、1回は結婚も出来てたろうに・・・と遠い目の毒女でした。



人は見た目が9割 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-01-23 23:36 | 本・コミック
Excite エキサイト : 芸能ニュース

谷原章介できちゃった婚だった「2児のパパになりました」

さっき情報番組で谷原さんの結婚記者会見を見た。
まぁ~、爽やかなこと(笑)
聞かれた事に渋い声で、でも深く考え込む事もなくサラサラ~ッと受け答えする谷原さん。
ファンの方はショックの中、益々惚れちゃったんでは?
よくリポーターに追いかけ回されて人目を避け、しぶしぶ会見・・・という
芸能人もいるけど、おめでたい話題でもあるし、今回みたいに早目に会見しちゃった方が後々仕事もしやすいし好感度アップ↑
芸能人にはコレ、必要だろう。

しかし私が興味があるのは谷原さんの方ではなく(ごめんなさい!)
お相手の29才の元グラドルのバツイチママ。
前夫のいしだ壱成さんとの間の3才の男の子がいるそうだが・・・・
2回とも「できちゃった婚」ですか!?
はぁ~・・・結婚も子どもも「出来る人」には何度も出来るんだとな、と実感。
妊娠→でき婚→離婚→妊娠→でき婚、って42年間独身の私からすれば「そんなにイージーに事を運んじゃっていいの?」と思わなくもないけど、
結果幸せになったもん勝ち
結局「いい女」だからそれだけ沢山の男達からオファーもあるんだろう。
事実初婚でモテ男(だと思われる)谷原さんならもっと高条件の女性を
選べただろう。
でも、そんな過去をもモノともしない、むしろ全てを魅力に変えていける
「女度」の高さ。
恵まれたルックスだけではない何か、+アルファがきっとあるんだろう。

20年前なら「そんな、ふしだらな・・・・」と白眼視していたであろう私も、
この年、この状況の中では「どうやったらそんな風にモテるんだろう?」
と、その奥義を教えて欲しい位。
20代の売れ頃に「清い交際」「(結婚までは)簡単にカラダを許して
はいけない」との考えの元、言い寄ってくれる数少ない男性をもはねつけて来たもんな・・・。
今思えば・・・あー、勿体無いことしちゃったよ。(泣)
そのしっぺ返しは、今現在しっかり来ている。
清けりゃ、正しければいいってものじゃなかった
こと男女関係においては。
「水清ければ魚住まず」じゃないけど、気付いた時にはもう遅く、かと言って女としての魅力も乏しくギアチェンジ出来ないまま、ズルズルと独身で来てしまった。

あの頃「恋多き女」と浮名を流した友人はそれなりに結婚し、子宝にも
恵まれ不倫も軽くこなしながらいい奥さん・母親をやっている。(苦笑)
私はと言えば、別に独身を貫く気もなかったのに結果として「独身」

生涯未婚率(50才時点の平均で)という恐ろしい確率があるそうだが、男性で12,4% 女性で5,8%らしい。
そうか・・・私はこの5,8%にまさに入りそうなんだ、予備軍ってこと。
100%の内の5,6%・・・・この手のマイノリティは勘弁願いたいんだが↓
「50才時点」としている所もコワイ。
もうこの時点で結婚してなければ、あとの人生も結婚しない(出来ない)よな~、って見解だもんな。

結婚相手として報道されている三宅さん、メスとしての「スキル」が極めて高い女性なんだろう。
女としてのフルコースを心行くまで味わっている、というか。
あー、こういう女性の爪の垢でも煎じて飲みたかったよ、20年前に!
「富めるものは富み、貧するものは益々貧する」(←マルクス?)よろしく
「モテるものはモテ、モテないものは益々モテない」を地で証明する
プアーな毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2007-01-16 19:42 | ニュース
Excite エキサイト : 社会ニュース

モテる男の条件は「女性にガツンとさわる?」

面白そうな見出しに、ついつい飛びついてしまった。
自分がモテないせいもあり、テレビや雑誌、ネットで「モテる(モテない)」の言葉を目にすると、ピクピクッと私の中のレーダーが反応する。

2ちゃんねるでは盛り上がってるようだけど、「ガツンとさわる」からモテる訳ではないんだろう。
職場で「ガツン」が出来る男は、それだけ自信がある と言う事。
社会人としても男としても人間としても。
確かに「ガツン」は女性本人は勿論、周りには社員もいるだろうし、見ようによってはセクハラと取られかねない行動。

でもそんな事を気にもかけない
きっと仕事も出来る有能な男性なんだろう。

でも・・・ホント自信って何だろう?
傍から見れば、どうしようもないだめんずなのに、ヘンに自信過剰な人もいる。
逆に真面目で分別もある常識人なのに、全く自信が持てない(特に女性に対して)卑屈な人もいる。

そういう私もやはり、卑屈な男性は苦手だ。
「シャイ」な男性は嫌いじゃないが、女性を前にまともに話せない・オドオド目線が定まらない男性には、どうしても魅力を感じない
こんなイイ年した無職の肥満オバサンでも、まだこんなゼータク言ってるのだ。
年頃の若いお嬢さん方が、自信の無さそうな男性を一刀両断に切り捨てたい気持ちはよく分かる。

しかし私のように、この手の話題に素早く反応する男性達は・・・・・

やっぱり「モテない」んだろうな

同病相憐れむじゃないけど、これはこれで・・・・侘しい~!



※話は変わるけど、今『僕の歩く道』を見ながらポロッと来てしまった。
自分の結婚パーティーで感激のため、泣いてしまったみやこちゃん。
でも輝明(草なぎ君)はその意味が分からない。
嬉しい事なのに、何で泣くの?って。
「僕が代わりに笑ってあげる」って笑った輝明の笑顔。
輝明は覚えていたんだね・・・・・。
ずっと幼い頃、悪ガキにいじめられた時みやこちゃんが
「私が代わりに怒ってあげるね」と言ってくれた事を。(涙)
[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-11-07 23:10 | ニュース