42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:お笑い ( 2 ) タグの人気記事

Excite エキサイト : 社会ニュース

「チュートリアル」 若手漫才日本一に

昨日の年賀状作りでパワーを使い果たしてしまったのか、貴重な
クリスマスイブと言うのに、昼近くまでダラダラ・ゴロゴロ。
おまけに、今晩うちに来て鍋でもするか?と言ってた独身友人には仕事のシフトが入り、こっちに来れなくなってしまった。
(と言うのも家庭持ちの同僚から「○○さんはクリスマス別に予定ないですよね?シフト変わって下さい!他に誰もいないんです~」と泣きつかれたらしい。咄嗟に「私も彼と予定あるのよー(ウソ)」とは冗談でも言えなかったとの事)

尤も、イブとは言え私にとってはフツーの日曜日
ノロノロ起き出して、いつものように洗濯して、掃除して。
忘れちゃいけない、日曜日はポイント2倍になる地元スーパーに行く日。
もう2000円分くらいはポイントが溜まってるはず。(喜)
友達が来ないなら、夜はじっくり「M-1」見るぞ、と言う事で早目に出かける。

まぁ、今日もすごい人混みでしたわ・・・・
ジャスコ程ではないけど結構大きな駐車場があって、よく繁盛してる。
行き先が街中とかオシャレなスポットじゃないから、目立つのはカップル
より家族連れ

お父さんが運転してお母さんと子ども達と・・・みたいな。
そんな中、私もクリスマス仕様のパンと一応フライドチキン(ケンタじゃないよ)、その他諸々の食糧を買って帰って来た。

晩ごはん食べながら、M-1見て、笑って・・・・
お笑いなんだけど、うん、今日は見ててドキドキしました。
1000万だもんね~、賞金!
そりゃあ今日まで残ってれば、当然欲しいよ。
「チュートリアル」、すごく調子が良かったし面白かった!
お笑い好きだけど(吉本関係)詳しいという程でもない私。
だけどノリにノッてると言うか、ノッてるからお客さんの後押し(笑い)もあると言うか・・・
その相乗効果はやっぱりスゴかった!
自転車の「ベル」の事をずっーと「チリンチリン!」って連呼してたし(笑)
「フット~」は今回は厳しく審査されるだろうな、と思ってた。
2回目なんだから、そうそう簡単に1000万はくれないよな、やっぱり。
「麒麟」、残念だったなー。
個人的には川島くんの渋い声が好きで、今日もゾクゾクッと来た。
うーん、エエ声や~。応援してたんだけどな。
(昔よくネタで、エエ声~♪って言ってたの誰だったっけ?片方メガネのコンビ・・・おかけんた・ゆうた?)

でもやっぱり面白かったな、今日は。
これ、生で見てたら大笑いしてただろう。
アマコンビの変ホ長調も初めて見れたし。
年齢からも私の友達にいても不思議じゃない2人で、審査員も言ってたけど、どこまでが「芸」でどこからが「素」なのか分からないのが妙な感じ。
爆笑じゃなく、クスッ、とかプッ、とか笑える感覚。

ご飯食べたら、テレビ見ながら年賀状書こうと思ってたけどダメだった。
やっぱり、夢中で見てしまいましたねー。

何も特別な事をしていないのに楽しく、何故か充実感を感じるイブが過ごせた毒女でした。
(ホント安上がりな女だ)

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-12-24 23:58 | ニュース
Excite エキサイト : 芸能ニュース

“ブスかわ路線”のコンビ「ハリセンボン」が大人気

“ブスかわ”・・・うーん、何て優しい言葉の響きなんでしょう(笑)
「かわいい」は、さすがにウソになる。
「ブス」も言った側の人間性が疑われる。
「客観的に見れば確かに美しくはないけど、愛されキャラ(存在)
なのよ~!
」と励まして貰っている気分。
褒められてるのかどうかは受け取り手による、という事で・・・

「ハリセンボン」の2人を最初に深夜番組で見た時は
驚きました、やっぱり。
同じ女性コンビ「アジアン」もインパクトあったけど、どちらもオシャレさん
だし馬場園さんは太目なだけで可愛い顔立ちをしている。
隅田さんも・・・・スタイル抜群でいつもコサージュがステキです(笑)
しかし「ハリセンボン」は女性コンビ独特の華やぎが不思議なほど
感じられなかった。
近藤さんは23才にはどうしても見えなかったし(今回この記事で
初めて年齢知ってビックリ!)
箕輪さんに至っては年齢はおろか性別さえ不詳。
背もスラーッと高く痩せているから、シャツにジーンズ姿で出てきた時は「えっ?男?女?」
声を聞いてやっと「あ~、女か・・・」

久々にスゴイの、出てきたなぁ~
こんなコンビがいたんだ~、
と忘れられないでいたら案の定、人気急上昇中らしい↑

芸風で敢えてモッサくしている部分もあるんだろうけど、
やっぱりこれは「素材」の勝利なんだろうなー。
お笑いという特別な舞台だから、見る者の目を奪うインパクト
何よりの武器。

「ブスかわ」でも何でも、芸人さんは売れてナンボ。
共感を持って(笑)応援出来そうな毒女でした。

[PR]
by kakukaku-sikajika | 2006-12-14 05:38 | ニュース