42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2007年、私のとっておきバレンタイン!

「とっておき」と言いいつつ今年も本命のないバレンタイン、どうにもこうにも盛り上がりに欠ける。
なのでせめてチョコ繋がりで、歌集『チョコレート革命』(俵万智/著)
読み返す。
私のイメージの俵さんは大きくクリクリした目が印象的で、人柄の良さげな元高校教師。
しかし本書はそのイメージをぶち壊してくれる。

これが例えば、推理小説作家ならそこまで本人と結びつけたりしない。
小説内でいくら連続殺人が起こっても、凶悪な殺人鬼が登場しても、
まさかその作者までが殺人犯と思わない。
あくまで推理小説=フィクションの世界であり、読者もその「線引き」を
した上で楽しむ。
それが「お約束」。
だが詩歌はその短さのためか、より「本人」を感じてしまう


本書は18章に分かれているが、タイトルである「チョコレート革命」の
章からいくつか。
・ さりげなく家族のことは省かれて語られてゆく君の一日

・ 一枚の膜を隔てて愛し合う君の理性をときに寂しむ

・ 「二人とも愛しているんだ」腕ずもうのように
                          勝負がつけばいいのに

・ 議論せし二時間をキスでしめくくる卑怯者なり君も私も

・ 泥棒猫!古典的なる比喩あびてよくある話になってゆくのか

・ 「愛は勝つ」と歌う青年 愛と愛がたたかうときはどうなるのだろう

・ 妻という安易ねたまし春の日のたとえば墓参に連れ添う事の

                            (以上本書より引用)


収められた沢山の恋の歌は、殆が「道ならぬ恋」を歌ったもの。
俵さんの清楚なイメージには似つかわしくなく、それゆえ一層の生々しさを感じてしまう。
尤もこれは私の勝手なイメージで、歌を詠む人はそれ相応の激しさを内に秘めていて当然なのかもしれない。
私にはいわゆる「不倫」の経験はない。
敢えてそんなシチュエーションを避けてきた、
好きだったけど我慢して諦めた、という事でもない。

思いのほか独占欲が強くプライドが高い性格で、自分が二番手で
ある事に耐えられない

二番手でもいいから傍にいたいと思うほど男に惚れた経験がない
が何よりの理由は、そこまで既婚男性から求められた事もないという事。
その結果の「不倫経験ナシ」、どこまでもパッとしないな、私の恋愛歴は↓

次の「シャネルの泡」から
・ まざまざと君のまなざし受け継げる娘という名の生き物に会う

・ 焼肉とグラタンが好きという少女よ私はあなたのお父さんが好き
                               (以上本書より引用)

うーん、キツイ。
ついに子どもに会っちゃったのか・・・。

この歌集は俵さんが28才~34才までの作品を集めたものらしい。
この後年後、未婚のまま出産し確かその頃はニュースになったような
覚えがあるが。

私のように、作品=本人の経験、と思い込む短絡的な読者が多いせいか「あとがき」で以下のように書かれている。

「歌が生まれるきっかけやヒントになる人は、決して架空の人物ではない。(中略)確かに「ほんとう」と言えるのは、私の心が感じたという部分に限られる。その「ほんとう」を伝えるための「うそ」は、とことんつく。短歌は、事実(できごと)を記す日記ではなく、真実(こころ)を届ける手紙で、ありたい。」 (本文より引用)

「タイトルは、次の一首から言葉を選んだ。

男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす

恋には、大人の返事など、いらない。君に向かってひるがえした、甘く苦い反抗。(中略)
大人の言葉には、摩擦をさけるための知恵や、自分を守るための方便や、相手を傷つけないためのあいまいさが、たっぷり含まれている。そういった言葉は生きてゆくために必要なこともあるけれど、恋愛のなかでは、使いたくない種類のものだ。」 
本文より引用)

そうか、恋愛の中でさえも、いつも「大人の返事」を繰り返す私は
革命家の素質はないようだ。
それならそれでよし、明日夜にでも安売りされるチョコでも買い占めに
行こうか、と計画する毒女でした。



チョコレート革命 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-13 23:07 | 本・コミック
昨日は夜からお出かけ。
久々にウマイ焼肉食べに行こう~!、と言う事になりまして。
3連休の初日の晩とあって、目ぼしいお店2軒はすでに満席
「考える事はみんな同じだねぇ」と言いつつ、車でそこら中を回る。
3軒目、ここも満席で「あ~あ・・・・」と落胆したが、もう10分ほどで
席が空く、との事。
やっと、やっと、美味しいお肉にありつける~!

いつもはなりゆきで「食べ放題」のお店に行く事が多いが、
今回は「美味しさ」に重点を置いて、お店探し&巡りをした。
私は安い「食べ放題」でも十分なんだが、肉好きの友人は味にも厳しく
「美味しい肉」が食べたいらしい。
さすが「肉好き」を名乗るだけありますな。(笑)

で、久々に行った焼肉屋さん。
少し行かない間に、こじゃれたお店にリニューアルされていた!
以前はくたびれたオッチャンがイッパイやりながら、ホルモン焼いて・・・って感じだったのに、今は若い女の子グループも来ていて・・・
うんと驚かされた。

でも味は前と変わらず、ウマ、ウマ~・・・でひたすら至福
友人達はビールやチューハイ、マッコリ(だっけ?)で何度も乾杯。
私は大盛りご飯・キムチ・ウーロン茶で食べる気マンマン。
いつもの事だが、もう最初から「白ご飯」を注文する私。
炭水化物は私の欠かせないエネルギー源なので(笑)、どこへ行っても
ごはん系は欠かせない。
特にこういう美味しい焼肉屋さんはつけだれも美味しいから、
食がすすむ、すすむ~!
以前見栄を張って「小ライス」を注文したが、結局おかわり注文で余計に
恥をかいたので、最初からガッツリご飯を頼む事にしている。

ごはん、ごはん、としつこく書いたが(笑)昨夜のメインはやっぱりお肉!
お肉屋さんがやってる焼肉店だし、「生」も美味しいらしい。
友人はユッケを注文していたけど、私は生肉は食べられないので、
大好きなハラミとテッチャンをじっくり焼いて噛む、噛む、噛む。
昔からロースやカルビよりハラミが好きなんだよなぁ。
身が厚く食べ応えもあり、1人でハラミ追加し黙々と焼いて・・・。

このお店、キレイになっただけでなくデザートも充実していて、ビックリ。
白玉やアイスの結構ボリュームがあるデザート→熱いお茶でシメてお会計。
食べ放題よりは高いけど、思ったよりは安くついた。
明朗会計の「食べ放題」も安心して食べられるけど、年のせいか「質より量」が苦しく、すぐ満腹になる事もある。
それがまた嬉しくもあり淋しくもあり・・・・(笑)

友人達は少し酔っ払って、すっかりイイ気分になったらしく「まだ早いよー、
私おごるし歌いに行こうよー」と、またカラオケ
まぁ、私も歌好きだから、いくらでもお付き合いするけどね。(笑)

と、今テレビを見ていたら、政治家を志す若い男性&妻子の映像が。
3人家族(子どもはまだ園児?)で食費が週で3000円!

すごい~!
頑張ってる~!

奥さん、やりくり上手なんだろうなぁ。
私でも週3000円なんて無理なのにー!(大体、お菓子が買えない・・・)
ウチは1人だから、本当ならもっと切り詰められるって事なんだろうな。
あー、無職のくせに食い過ぎなんだよ。

先月から毎日家計簿をつけているけど、外食の誘惑からは逃れられず、でも暖房代はケチるお金の使い方が分かっていない毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-11 23:59 | 日常
あ~、やっとスッキリした~!!
何がスッキリかと言うと・・・・ひっさしぶりに美容院に行って、
やっと、やっと、やっと!髪を切ってきた!
バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!(万歳三唱)

去年の7月から予約の電話をかけよう、かけようと思いつつズルズルズルズル・・・先延ばし。
気が付けば落ち葉の季節、クリスマス、あーあ、お正月来ちゃったよ~、
でバレンタイン。
まぁバレンタインは関係ないけど(笑)さすがにアカンでしょうと言う事で、
ついに今日決行!
電話して予約してしまえば、どうって事ないのに、何でこうだらしがない
のかね・・・↓

で、出来栄えは・・・
オンナっぷりがグーンと上がったどー!(自己比)
髪型自体は前とあまり変わらないのだけど、7ヶ月も放置していれば、
そりゃあ伸び放題。
前髪も自分でチョンチョン切ったりして、段々モッサイ髪型になるのを
苦々しく感じていた。
日ごと自分の手に負えなくなって、最後は常に「まとめ髪」
後ろでクリクリッとまとめてクリップで留めて、って・・・
そろそろ、下ろしてサマになるようにしたいぞーっ、と。
元々髪が細い&少な目=ボリュームが出ないから、まだこの位で済んでいると美容院のお兄さんが言ってたけど、「本当は3ヶ月に1回は来て貰いたいんですけどねー」って。

ははははは、すみません。(ヘコヘコ)
次は夏前には行くようにします、と今日の所は決意する。

でも、さすがにプロはすごいよー
気休めにでもと、小さな切り抜き持参で
「長さは5~6センチ切って、前髪はこんな風に流行ってる感じで横に流して、スソはこんな風に・、あっ、でも普段は滅多に巻けないけど・・とにかく私に合うように可愛く見えるようお願いします」って。

まぁ、客とは言え、ド厚かましいにも程がある。
でも、一応言っとかないと損だし、言うだけはタダだしさ。(笑)

それでも、こんな要領を得ない注文にフンフンと頷き、ペチャンコになりがちなトップの髪をふんわりさせて、最後には巻き髪まで作ってくれて、
あら~、髪型だけはとっても今風!(笑)

c0101191_022435.jpg因みに私が今日持参した切り抜き
家にあった「通販カタログのモデルさん」の写真を拝借。
ヘアカタログやファッション誌を買いそびれちゃって・・・久々に行くんだから、そこは出費を惜しんではダメなんだけどー!?
少しでも参考に、と思い持参すれど
「二重あご・首が短い」
私がどれだけこの髪型に迫れたか!
・・・それが問題だ。(笑)

あ~、でも今の切りたてホヤホヤの間に
「飲み会」でも「異業種交流会」(と言う名の合コン)でも
無いかな~、なんて、この機会を有効活用したいヤリ手ババア毒女
でした。

※あんなに色付き文字を喜んでいたのに、昨日あまりに時間がかかって
しまったので大幅減少↓。
イラチな私には向いてないようで・・・(哀)

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-09 23:58 | 日常
昨日~今日とエラく両極端な番組を見た。
一つは『ビューティ・コロシアム』
容姿にコンプレックスを持つ女性達を美しく変身させる番組で、その方法は整形・痩身・エステ・メイク等多種多様。
スペシャルで年に何度か放映されていたので、私も時々見ていた。
それでなくとも自信の無さ気な女性達が、ほぼスッピンで髪もバサバサ、服も普段着でうつむき加減に座っているんだから、キレイに
見える訳がない。
って言うか、生彩がない。当然だけど。

ゲスト達も最初は「容姿ばかりが大切じゃないよ、もっと明るく笑顔でいる事が大事なんだよ」と半ば建前を並べるが、整形して痩せたり、イメチェンに成功した女性達が再度登場すると、今度はどんなにキレイになったかを手放しで褒めそやす。

確かに、あー、これはちょっと・・・と思う容姿の人もいるけど(失礼)、痩せるだけで雰囲気変わりそう、髪型と服を変えるだけで大分イメージ変わるな、という位の、言って見ればごく普通の容姿の女性達も出演して
いる。(ように私は思える。)

そして「明るくなれた」「自信が持てた」とみんな輝く笑顔で再登場する。
変身した女性の中には
「私、目だけの整形だけで良かったのに・・(鼻までされちゃった)」
「こんなメイクや服は本当は好みじゃないんだけど・・・」と思う人もいただろうに。

さすがに、テレビ的にそれはマズイんだろうな、捏造とまでは行かなくとも演出上仕方がないよな、とヒネた見方をしてみたり。
それでもまんまと視聴者の一人となってしまうのは、私の中に
野次馬&下卑た根性が根付いているから。

私の周りでは見かけないようなブサイ○を見てみたい、
こんな番組で、晒し者になってもいいと出てくるブサイ○を見てみたい、
そして果たしてどれだけまともに変身するのかを見定めたい、
自分だって「まとも」とは程遠いくせに。
自分よりもっとモテなさそうなブサイ○がいるのなら、見てみたい・・・・・

だから思ったより普通の顔立ち&体型の人が出ると、肩透かしを食った
ようでがっかりするのだ。
もう真黒、ドロドロですわ。
こういう時は私に心の中の黒kakuが暴れ回る。
ただ口に出して言わないだけ。
よく「器量が悪くても心がキレイならば」何て言うけど、どちらもドロドロなんて始末に終えないでしょうに。(苦笑)


で、もう一つの方。
今日のお昼の情報番組を偶然に見た時の事、
「太っていてもモテ女」としてピックアップされていた女性。
私は初めて知ったんだが、羽林由鶴(はねばやし・ゆず)さんという
「太め女性恋愛応援カウンセラー」でメルマガや座談会
なども定期的にされているようだ。

離婚後バツイチ子持ちで、一回り年下の会社員の高学歴男性(東大大学院卒)と再婚。
現在41才で、過去3年間に5人からプロポーズされたという、肥満女たちの希望の星(笑)
番組でこうして紹介される位なので、それはそれなりに立派な体格。
その他も年齢なりの「貫禄のある肝っ玉かあさん」風。

しかし太め女性達との座談会の様子がテレビで流れていたが、アッサリした語り口で胸のすくような言葉をスパッ!スパッ!と投げかけてくれる。
同じ太め同士のせいもあり、回りくどい言い方(傷つけたら悪いな・・・とか)も無く、ストンと心に落ちて行く。

それに何と言っても、実際に幸せを手にしている「余裕」のオーラのまぶしさは格別!
「論より証拠」を体現している訳だし、何を言われてもグウの根も出ないでしょう。(笑)

後からご本人の公式サイトも覗かせて頂く。
色々修羅場も乗り越えてきた女性のようだった。
多分ごく当たり前の事をおっしゃっているんだろうけど、どうしても、
恋愛=痩せてキレイな人の特権、みたいな刷り込みに
惑わされて、目標に辿り着けなくて自己嫌悪。
思わずメルマガ登録しようかな、と本気で思ったり。

しかし昨日の『ビューティ・コロシアム』、
今日のこの、情報番組。
ツラの皮1枚をどう認識するかで、こうも違いが出るのかを、まざまざと
見せ付けられた。
奥が深いわ・・・この問題は。

で、我々の救世主、羽林さん。
本も2冊発行中で『やせずに幸せモテ女』・・・読みたい!ノドから手が
出る魅惑的なタイトル!
これが文庫なら迷わず本屋へGO!だろうが、ここで出費を惜しむあたり、まだまだな毒女でした。

※ 今見ると、文字の色が変えられるようになっている~!(嬉)
自分では出来なかったから、とーってもありがたいです。
Thank you!

※調子こいて多色使いにしたら、やたら時間がかかってしまった↓
何でもやりゃあいいってもんじゃ、ないですわ・・・。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-08 02:39 | 映画・テレビ
お昼前後に久々に2時間だけ、カラオケに行く。
考えれば今年初めてのカラオケ、だっけ?
いつもは歌好きの友人とフリータイムで、時間が許す限り歌いまくるが、今日は違う。
純粋な「お楽しみ」ではなく、今回はある「依頼」でカラオケ屋さんに。

それは・・・子持ち友人からの相談。
児童館で知り合いになったママ友さん達と、今度カラオケに行く事に
なったんだけど、どうしよう~!その前にkakuちゃん、教えて~!

上手い下手は置いといて、レパートリーの広さには自信がある私。(笑)
難しく考えずとも何でも好きな歌をうたえば良いじゃん、と思うんだが、カラオケが苦手な友人は、その日が憂鬱&緊張して仕方がないらしい。
自分よりうんと若いお母さんも多いし、どんな歌をうたえばいいのか分からない、と焦っている。
かと言って、NOと言えない友人は「わぁ、いいわねぇ♪」と心にもなく快諾してしまったらしく、今更断れないらしい。
じゃあ子どもが熱が出た、とか適当に言って断れば?と言うと、もうその手は使ったので(カラオケじゃない時に)ドタキャンは出来ないらしい
うーん、確かにドタキャンが続くと信用無くすわな・・・。

で、意を決して行く事にしたが、今時の歌を全く知らず、
何か自分にでも歌えそうな曲を教えて欲しい!
とのお願い。
はいはいはい~、そう言う事ならワタクシにお任せあれ!
伊達に毎日FM流してる訳じゃありません。

と安請け合いをして待ち合わせ場所に行くと、友人面識のない女性2人で待っていた。
うーん!?どなたでしたっけ・・・?
面識のないその女性はママ友さんの1人で、友人同様断れなくてブルーになっていたとか。
カラオケの練習に行く事を言うと、その女性も、一緒に行きたい!・・・と
いう流れらしい。

誰が何人来ても私は平気なタチなので(人見知りに縁が無い)
オッケーオッケー、じゃあ行こうか~!とカラオケ屋さんに向かう。

お店に入って感じた事・・・・
それは2人ともすごく周囲に気を遣う性格で、今度のカラオケ会でも
他のママ友さんから浮かない曲
歌っても引かれない曲」を強く希望&意識している、と言う事。
そんな事ばかり考えたら、歌うのが好きな私だって憂鬱になるよー。
それにオンチじゃないのに2人とも「私、ヘタだし、オンチだから・・・」と思い込んでいる。

カラオケ、メチャメチャ上手くなくてもその場を楽しんでいれば、どうにかなると思うよ、
他のママ友が歌ってる時に、手を叩いてニコニコしてればそれなりに盛り上がるよ、
それに若いママ友たちは今の流行の曲を歌いたがるだろうから、却って
高齢ママとだと選曲が重ならなくていいんじゃない?
世代や好みも違って当たり前だと思うし、
多分みんな自分が歌う事に必死だから、よほど偏ってない限り他人の
選曲なんて気にしない
よ、
なーんてエラソーに講釈する私
無理に新しい曲を覚えなくても、好きなアーティストやよく聴いてる曲の
方が自信持って歌えるんじゃないかな、とアドバイス。

好みを聞いて(友人のは知ってるし)持ち歌になりそうな曲をいくつか提案して、とにかく歌ってみる
自信の無さげな所は私が一緒に歌ったり。(どこまでもエラソーだ・・・)
彼女たちも子どもを実家等に預けているから長居は出来ず、2時間で切り上げて退室。

でも、2人とも「久々に来て良かった~、一緒に歌って貰って少し気持ちがラクになったわ」とホッとしたような顔をしていた。
任務、完了。(笑)
自分に出来る事で誰かの心の負担が少しでも軽くなるのなら、こんなに
喜ばしい事はない。
2人の安堵した表情が何よりの土産。

こちらこそ、いい経験をさせて貰いました。
来週のカラオケ会、どうぞ楽しんできてね、とバイバイした毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-07 01:33 | 日常
“元気力”を高める、私のヘルシーライフ!

この年末年始、ヒドイ鼻づまりに悩まされた私が言うのもなんですが・・・
この3年程、ホントに風邪を引きにくくなった
説得力が全くないけど(笑)、これでもまだ元気になった方なのだ。
30代後半まで大事には至らないものの、鼻・のどのトラブルがエンドレスで、冬は特にブルーな季節だった。

しかし仕事を辞めた40歳手前位から、段々健康体を取り戻して来た。
風邪も引きにくく、この2~3年は体調も良いように思う。
肥満を除いては・苦笑)

で、私の「冬を乗り切るヘルシーライフ」だが、特に目新しいものはない。それでも紹介すると・・・

①うがい・手洗いの励行

c0101191_17323281.jpgもう定番中の定番、これは真夏でも続けてやっている。
うがいは朝イチ、寝る前にもガラガラガラ・・・5秒以上が効果があると聞いたので、ガラガラでドレミファソ~♪と音階をつけて
うがいする

どこまで言えるか毎回挑戦するが、いつも
1オクターブと更なるドレミファソラシ~♪で
飲み込みそうになるので、これが限界。
うがい薬をノド全体に行き渡らせたいので、左右に顔を傾けたり、イナバウアーみたく
反り返ってみたり・・・お調子な性格は四十路過ぎても治らないらしい。
手洗いはプッシュすると泡の出るハンドソープ。本当にホワホワの泡が出て、気持ちがいい。
指の水かきの部分や、爪、手のひらも丁寧に洗う。

②室内でもネックウォーマー
上の写真↑の左側にある方。洗い替えにもう2枚あり。
「首」を冷やすと風邪を引きやすいと聞き、襟元が開かないように保温に努める。

③「鼻呼吸」を意識する
実は昔は「口呼吸」だった私。
特に、就寝中、何かに熱中していると口がポカンと開いていたらしい。
(「のだめ」がピアノで乗ってくると、口がとんがるけど、あんな感じ・笑)
でも口呼吸の弊害を知って、鼻呼吸に変えるようにした。
するとノドが乾燥しにくくなり、扁桃腺が腫れて高熱が出たり、ひどいセキもうんと減った。

④ガムをよく噛む

c0101191_17342710.jpgこれは③に繋がる事だが、クチャクチャと音をさせずに口を閉じてガムを噛むと、自然に鼻呼吸にシフトするので、とても役立つ。
車を運転中も殆どガムを噛んでいる。
写真のように、常に近くにガムをまとめて
置き、カバンの中にも常駐。
この箱の粒ガムがお気に入りで、色々な
味を試すのが楽しみ。
噛む→唾液が出るのでノドも潤う。


⑤下半身を冷やさず、お腹には「ゆたぽん」
以前このブログにも書いたが、レンジでチンする湯たんぽ「ゆたぽん」は
じんわり温まって重宝している。
エアコンは空気が乾燥するので極力使わず、ホットカーペットにぺッタリお尻をつけてひざかけ毛布で足を覆う。
これに「ゆたぽん」をお腹に抱いて座ると、ぽかぽか
温まってくる。

⑥温かい飲み物をこまめに補給
家にいる時は、お湯入りポットと各種お茶(日本茶・昆布茶・フレバーティー)を絶やさない。
注ぎたての温かいものが欲しいので、カップの1/3位を頻繁に注ぐ
外出時も小さなペットボトルは持参。

⑦寝る時も「ねんねタオル」
首がスースーしないように、鼻だけ出して口と首を覆うようにタオル
まとって寝る。
タオルは決まっていて、内祝いとかの貰い物のフカフカしたちょっといい
タオルをローテンションで。
洗濯もラクだし、起きて直ぐの寒い時も首に巻いてマフラーがわり

⑧食事と一緒に「豆乳」を飲む

c0101191_17351061.jpgこれは風邪とは関係なさそうだけど、一時期周期が狂った生理が、キッチリ30~31日で
来るようになった。
イソフラボンの過剰摂取がニュースとなったが、このコップで1日1杯(200ml)飲むだけなので問題はないかと。
特に私は昔から牛乳が苦手なので、美味しく飲める豆乳は欠かさずキープ。
(このキティちゃんのは豆乳専用グラス・笑)


⑨近場は車を使わず、セッセと歩く
車好きだがドライブは置いといて・・・日常の細々した買物や用事は歩いて済ませる
片道30分~45分の範囲なら自分のペースで歩く。(悪天候時は除く)
歩くときも「鼻呼吸」を意識して。

⑩とにかく睡眠時間確保、寒い時はお布団に潜り込む
エアコン嫌い・灯油系も禁止・コタツもないウチでは、羽毛布団
かぶって寝るのが一番暖かい。
なのでこれは手っ取り早い最終手段
働いていた時と比べ、今は平均7時間近くの睡眠で、すこぶる健康。

って、結局は「よく寝る」事が一番のヘルシーライフなのかも!(笑)
でも仕事もせず、満員電車にも乗らず、気ままな晴耕雨読を続けていればそりゃストレスもたまらず元気になるわな、と実感する毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-05 17:55 | 日常
本当に今更で恥ずかしいが、TVドラマの再放送『ひとつ屋根の下』
面白くて、毎回ビデオに録って見ている。
何でも当時の月9には珍しいホームドラマで平均視聴率28,2%、
最高視聴率37,8%の大人気ドラマだったらしい。

と言うのも、実は私、このドラマをちゃんと見るのは初めてなのだ。
1993年の放映らしいが、丁度その前後3年弱、ウチにはテレビが
無かった

私が30才前後の頃だ。
大学時代から使い続けたテレビが壊れ、最後にはブチッと一瞬火を噴き画面が真っ暗になって(ホントです、直ぐ電源抜きました。怖かった~・・・泣)廃棄。
以降しばらくラジオ生活をしていたので、この頃流行った番組の思い出は無く、ポッカリと穴が開いている。
不思議なものでテレビが「無い」となれば、無いなりにその生活に段々と慣れてる。
ニュースも、ラジオやお昼休みに職場の新聞を隈なく読ませてもらう事で事足りていたし。(笑)
後にテレビを買い、再び色々な番組も楽しむようになったが当時は残業も多く、正直ゆっくりテレビを見る余裕が無かった
この『ひとつ屋根の下』も、きっと何度も再放送されていたんだろうが、
帰宅時間も遅く全く見る事が出来なかった。
ただ、これだけ流行った番組だし大まかなストーリやキャストは知っていた。

当時から福山雅治さんは人気があって、同僚達もよく「ちぃ兄ちゃん、
カッコいいよね~」と、絶賛していた気がする。
ドラマを見ていない私ですら「そりゃ、あのルックスで、医者の卵で、クールに見えるけど実は優しかったら、カッコいいに決まってるじゃんー」何て、思ってた。

で、ここの所、また再放送があり初めてじっくり見る機会に恵まれた。
・・・こんなに涙するドラマとは思わなかった
もう毎回1人でボロ泣きしている。

うざったい位暑苦しい単細胞キャラだと思っていた「あんちゃん」
言葉が、どんなに胸に響くか。
日々ダラダラと毎日を過ごしている私には、その真っ直ぐな言葉が痛くて仕方が無い。
幼稚園での教え、これを守って生きていく事の難しさ。
報われなくても恨まない、人や環境のせいにしない器量の大きさは、
やっぱり「あんちゃん」なんだー、と眩しく見える。
でも実際、話が合い安心して付き合えるのは「ちぃ兄ちゃん」の方だろう。
思慮深く不躾に人の心に踏み込まない、適度に距離を置いて見守って
くれる優しさ。
それにカッコよくて、モテそうな割には一途だし。

でも傍にいて私が見守ってあげないと、と母性本能がかき立てられ、
時にこの人には敵わない、と温かな気持ちになるのは「あんちゃん」の方なんだよなー・・・。
子どもみたいにプリン一つでギャアギャア騒がれると、さすがに鬱陶しい
けど。(笑)
だから酒井法子さんの小雪があんちゃんを慕う気持ちは分かる。
特に1人だけ血の繋がらない、どこか淋しさを抱えていた彼女には、
押し付けがましい位の愛情が心地良いのかもしれない。
とにかく両極端の2人・・・足して割れば丁度いいのか?
あぁでも、そうなると双方の魅力も薄まってしまうかも。
って、どれだけ真剣やねん。(笑)

やっと9話まで見終わった所だが、驚きもあった。
繊細で優しい芸術家タイプの末弟は山本耕史さんだったんですね。
私の中では大河の『新撰組!』の土方さんだったから、まぁあれから随分と男臭くなっちゃったんだ・・・と感慨一入。
そう言えば同じ『新撰組!』で江口さんは竜馬役でしたっけ。
こちらは、順当ってトコかな。(笑)

話によれば人気があった本作、パート2もあるらしい。
柏木兄弟のその後らしいが、雅也と小雪が結ばれたとか結ばれない
とか・・・?
ハッピーエンドで終わったって事なんだろうか。
何れにしろ、こちらも見ていないから何とも言えないが。

継続してドラマを見る習慣があまり無かった私。
仕事やめて時間に余裕が出来て、遅まきながらやっとその「楽しさ」を
感じ始めている。
40才前で「ドラマ」デビュー、って・・・恥ずかしさもあるけど。
尤も、若い頃は相当突っ張っていたから、今のように素直に受け入れられなかったかもしれない。
そんな、いかにも~、の感動ドラマには踊らされないわ!
私はそんなミーハーじゃないわよ!、みたいな。

高視聴率=良質の番組、とは今でも到底思わないけど、流行るには
「何かしら」の理由があるんだろう。
その「理由」が果たして自分に合うかどうかは分からないが、一度は
自分の目で確かめた上で判断しようと身に沁みた毒女でした。


そうそう、右上に初めて画像を入れてみました。
ご機嫌なブーちゃんです。(笑)
自画像のつもりだけど・・・雰囲気は出てるかな?www

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-04 22:57 | 映画・テレビ
いつも欲しい、欲しいと気にかけつつ、ドンドン流行から取り残されて、
ついには「どうしたらいいの?」状態に陥っているものがある。

それは・・・音楽を楽しむ環境!(涙)

ラジオ・CDも聴けるものの、いまだにカセットテープが現役
活躍している。
ウチの親世代じゃあるましい、一体いつの人間かって!
音楽は好き嫌いなく何でも聴く「広く浅く」タイプなんで、普段からテレビを見る以外はFMを聴いている。
尤も「聴く」と言うよりただ「流している」って感じだろうか。
(今も知らない洋楽が流れてます)
それでもたまにCDを買う&レンタルに行く事がある。

c0101191_22143993.jpgそれでその後は、この昔ながらの
「CDラジカセ」でテープに録音。
大体コレ、何年使ってるんだ・・・?
もう10年選手になるんだろうか。
取説を見ると、裏に書いてあるメーカーの
本社・工場の郵便番号がまだ5ケタになっていた。
郵便番号、7桁になって久しいと思うけど・・・やっぱり古いんでしょうね(汗)


c0101191_22154820.jpgで、これもまたカセットテープを聴く
「ウォークマン」ですわ。
保証書見ると、9年ほど前のもの。
まだ車が無い頃は自転車を乗り回していたので、その時から世話になっている。
ただ世話になる割には扱いが雑で、自転車の前カゴに放り込んで聴きながら走った。
当然振動もひどく・・・その後遺症か充電式電池のフタ部分がバカになり、きっちり閉まらなくなってしまった。

それで今は、外付けで単三乾電池を使っているというカッコ悪さ。↓
さすがに人前に晒すのも抵抗があり、コソコソと使っている有り様。

元来ファッションビルより、電気屋さん巡りでヒトミが輝く新しモノ好きな私。
一体いつからこんな「浦島太郎」になってしまったのか?
思い起こすに、カセットテープ→MDに上手く移行出来なかったのが
原因かと。
あの頃、MDが使えるコンポなりデッキなりを買って置けば、ここまで
遅れる事も無かったろうに。
それでグズグズ選び損ねていると、今度はネット配信だのSDカードだの
MP3だの???の未知エリアに突入・・・
例えば「i pod」、ニュースで名前は知っていても、これ単体で使える訳じゃないもんね。
知識もなく2世代も3世代も遅れているから、今、電気屋さんに行っても
商品の吟味が出来ない。
ヘタすりゃ店員さんの口車に乗り、分不相応な買物をしてしまいそうだ。
それもつまらない&情けない。
あかん、このままじゃ、あかんでしょう~!

PCがあるので一時はここでCDを聴いたり、編集?したりもしたが、
昨年秋にぶっ壊れて初期化した過去があり、以来全てをPCに任すのが怖くなってきた。
こまめにバックアップ?保存?すればいいのだろうが、モノグサの私が
そこまでするとも思えない。
ここはやはり今の「ラジカセ」に替る、航空母艦みたいなのが欲しいよな。
プラス、今の「ウォークマン」に替るもの・・・。

と思っていたら深夜の通販番組で、コンポ+ポータブルプレイヤーの抱き合わせ商品が紹介されていた。
あ~、もうこんなのにしとこうかな・・・。
値段も手頃だし、少なくとも今よりは豊かな音楽環境になるはず。

通販好きだけど、電化製品をテレビショッピングで買った事はなかった。
でも私のように、どこから手をつけていいのやら、迷子になっている人間は、ついつい弱気になり(笑)ラクな選択に流れてしまう。
でも、ここで頑張ってもカーステレオは未だにカセット&ラジオのみ。
探せばラジオのチューナー?を使ってCD等が聴けるようになる商品も
あるらしい。
でも、それはまたその時考えようと、直ぐ後回しにする根性ナシの
毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-03 23:03 | 日常
あまり年の事は言いたくないが・・・年甲斐も無く買ってしまった、
『an・an』を。
昨夜コンビニにフラリと寄った際、特集記事の見出し「いま男が求め、
安らぐ、女の最新タイプって?新・癒し系女を目指せ!」に
引き寄せられてしまった。
気が付けばカゴの中・・・恐ろしい。
大体この『an・an』・・・読者層は何才台なんだ?
少なくとも四十路過ぎの女が、わざわざ身銭切って買う雑誌では
ないわな。
中の男性へのインタビューも20代・ギリギリ30代前半だし、この年齢の男子に相応しい女子、という事なんだろう。

とボヤキはこの位にして、中身はと言うと・・・。

「“癒し系”という言葉が生まれ、定着して早や10年。
そのカタチは時代とともに変化し続けています。
今年はどんなタイプの女性に男は癒されるのか?」
(本誌より引用)
で、第1期~第3期のタイプ分けがしてある。

因みに現在の第3期は
男性が求める癒しが多様化、新タイプの癒し系戦国時代」らしい。
へー、戦国時代なのか。(笑)
“癒し”だけではなく、プラスαの何かが必要とかで
「今や“癒し”は食事におけるライスやパンと一緒で、あって当たり前の
要素。主食以外のおかずについては、人によって食べたいものが違う
ように、プラスαのニーズも多様化しているといえます」
(本誌より引用)と。

まぁ~、好きな事言ってはりますわ
コメンテーターは男性の方だし、こうあって欲しい「願望」も多分にある
のでしょう。
許します。(笑)
その後に「お色気から地味系まで。癒しのニュータイプ10。」として
10種類ズラズラズラッと並べてある。
面白いので全て列挙してみると・・・
「anego」  「面白かわいい」  「牧歌系」  
「マイサイズ(高望みしない)」
「プチ神様(当たり前の事で叱ってくれる)」  
「職人系」  「おばちゃん」
「ちょいムチ(理想体重より数キロ多い、あともう少し痩せたい)」
「いじられキャラ」  「乗り越え系(過去の苦難を乗り越えた人)」

ふーっ、編集部の方もよくこれだけ考えつきましたな。
しかし10種もあればどの女性も最低1つはどこかにカスるでしょうよ
ほら、みーんな「新・癒し系よ!」と世の女性に希望を与えてくれている。
これが人気雑誌のお役目&老舗たる所以なんだろう。(笑)

そして次章ではアンケートから「男のヒーリングポイント」を紹介。
因みに「部屋のインテリア」は「女性らしい温かみのある部屋、スキのある部屋」が良いのでは?と分析されている。
出たよ、また隙(スキ)が!
ホント好きだよな~、色恋関連には必ず出てくる「隙(スキ)」。(笑)
スキのある部屋=人柄が見えるもの(例:旅行の写真、昔作った置物
など)、ぬいぐるみのある空間、とか。
写真はいいとして、ぬいぐるみ(小さな人形、キャラクターのグッズも
含む)・・・・かぁ。
ちょっと苦しいぞ、私は。
昔は貰い物の人形の類も置いてたけど、結局ホコリがたかるから
サッサと押入れにしまいこんだまま。
ぬいぐるみを捨てる、ってのも気が進まないから、人形寺でも行って
供養して貰わないとなー・・・と、そっちの方向で考えている。
これは10種類の内、どのタイプになるんだろうか?
所帯くさいところで「おばちゃん」タイプあたりか?
けっ、まんまじゃん。(苦笑)

次は心理テストで「潜在的ヒーラータイプ」でヒーリング能力診断。
私は「ヒョウ」タイプの「変幻自在もツンデレで、彼の心を巧みに操縦。」と出たが・・・ホントに巧みに操縦出来るオンナなら、この年までチンタラ
売れ残っちゃいないでしょうよ
あ~あ、チャートに従った自分のバカバカしさが空しいばかり。
大体最初から『an・an』ってのが無理があったんだよな。
やっぱりいつものように『婦人公論』『週間文春』方面をおとなしく
読んでたら良かったのかも!?

少しでもモテたいと思う煩悩が、こうして無駄金(1冊350円也)を使わせる。
でも、この煩悩が無くなったら・・・・本当の「枯れすすき」になるもんね。
それはまたそれで困る。
まぁ、今回は雑誌の選択を間違った、って事で。

c0101191_1471419.jpgで、読み終わって寝た後見た夢。
表紙のヒロスエさんが私に「kakuちゃん、
PC、ビスタにした~!?」何て聞いてくる。
夢の中のヒロスエさん、潤んだ上目遣いの瞳で唇を少しすぼめたお得意のポーズ。
可愛いかった~。(笑)
何故かときめきながら「うーん、でも私メールとネット、たまにDVD見る位だからねぇ、いらないわ」とフツーに答えていた。


しかし雑誌の表紙と、ニュースで見たウインドウズビスタかい・・・・。
あまりの単純&ストレートな夢にさすがに脱力の毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-02-02 02:50 | 本・コミック
Excite エキサイト : 芸能ニュース

「風林火山」の内野聖陽の評判がいい

そうか、そうか、そうだろう~!、と思わずニンマリする↑のニュース。
始まる前は前回の『功名が辻』に比べ、何となく地味に思えて「1年
見続けられるだろうか・・・?」と懸念していたが、心配ご無用!
内野さんの山本勘助がカッコ良くて、もうすっかり日曜夜のお楽しみになっている。
アンタ、どれだけミーハーしてるんじゃい!(笑)

で、同じく大河ドラマファンの友人に
勘助、カッコいいよね~。声も渋いしさ~♪」と言うと、
「うーん・・・でもねー・・・」と微妙な返事。
「えっ?何で?あんなにカッコいいのにさー」と聞くと
「うん、演技は上手いと思うんだけど・・・・が気に入らないのよね」

出たー!そう言えば彼女は鼻フェチだったんだ・・・・!
でも内野さんの鼻って何か問題あったっけ?
高くてフツーにいい鼻だと思うけど・・・?
彼女曰く「低くはないけど、鼻の先が意外と丸いのよねー」

げっ、そこまでチェックしとるんかい!?
大体勘助は隻眼でいつも片目は眼帯してるじゃん、
加えてまだムサい格好だし、鼻の形なんてよく見えないと思うけど?

ともあれ、鼻フェチの眼力は恐ろしい。
どんなにオトコマエと言われる俳優さんでも、彼女の眼鏡に叶わない
「鼻」だと却下だそうだ。
男性を見るときは常に「鼻」をチェックしているらしい。
聞けば「高く細くスーッとしている鼻」が良いそうだ。

そんなもん、知らんがな!
理想は歌舞伎の片岡仁佐衛門さん(←字、違うかも。旧・片岡孝夫)の
鼻らしい。
最近ならトヨエツの「鼻」だけはいい、と言っていた。
この褒め方もいかがなものかと・・・。(笑)

因みに彼女、女性の場合は「顔のエラ」ばかり見るそうだ。
エラが張っているとバツだそうで
「私も二重アゴになって、ここら辺まで出てきたわ~」と言うと
「違う!アンタのはただの脂肪。エラは骨格だから!アンタには関係
ないのよ!」って・・・。
逆にダメ出しされたような、全否定されたような複雑な気分。(苦笑)
なのでハセキョーは美人さんなのに、エラで却下らしい。
き、厳しい・・・・

しかし、人それぞれとは言え本当に面白い。
私も顔、と言うより全体の雰囲気と何より「声フェチ」なので、
その友人を笑えない。
滑舌が良く、声が渋くて好みだと、それだけでオトコマエ度はグーン↑と、うなぎ登り!
それでもって口が大きく、アゴもがっしりと涼しい目元なら、もう言う事
ありません!
過去の彼氏も顔は好みでなくとも、「声」だけは渋くハキハキ話すタイプ
だったっけ・・・。(遠い目)

あまり友人が、鼻、鼻、と言うので、帰ってNHK『風林火山』の
HP
で勘助をチェックしてみた。
でも・・・TOP(表紙)のドアップの勘助、カッコいいけど刀を構えていて
肝心の鼻が見えないじゃん~!検証失敗、ガッカリ。
やはり鼻フェチの友人には叶わない、と只々脱帽の毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-01-31 19:03 | 映画・テレビ