42才・女・独身・結婚歴無し・独居・無職・肥満・・・究極の負け犬女ボヤキ日記。


by kakukaku-sikajika
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日の土曜日で、半年間続いていたNHK朝ドラ「芋たこなんきん」
終わってしまった。
久々にずっと見続けた15分間、随分と楽しませて貰った朝ドラだった。
元々田辺聖子さんの作品は好きだったし、始まる前から期待していたが、町子センセイ(藤山直美さん)&カモカのおっちゃん國村隼さん)と
芸達者な2人で安心して見る事が出来、本当に羨ましいばかりの「夫婦」だった。
みなが寝静まった夜更け、差し向かいで晩酌しながら、とりとめのない
会話を楽しむ2人・・・
いいなぁ~、話しても話しても話し足りない2人。
下戸の私だが、日本酒をチョビチョビ舐めたくなってくる。(笑)

健次郎さんが時々いたずらっぽい瞳で、ドキッとする言葉を投げる。
好きな男性の関西弁、いいですわ~。
あんなに愛情を込めて「アホ」と言われたら、もう顔がにやけてしまう。
「バカ」と言われるとカチンと来るけど、あんな色気がある「アホ」なら
もうたまりまへん。
もっと言ってくれ~!(笑)

私がずっといいな、と思っていたのが
先妻の子ども達が町子の事を無理に「お母さん」と言わず、
最後まで「おばちゃん」と呼んでいた事。
子アリの人と結婚すると、どうしても「後妻(夫)=新しいお母さん(お父さん)」になりがちだけど、既にもの心がついた子ども達。
お父さんが結婚したからと言って、すぐに「お母さん」と気持の切り替えが出来ないのは当然だろう。
町子さんも「おばちゃん」だけど、ずっと子ども達の成長を見守って来た。
みなが無理をしない、無理をさせない。
でも「家族」。
そこには連綿と続く歴史がある。徳永家の歴史が。
私なんて人間が小さいから、表向きは明るく振舞っていても
「いつまで、おばちゃんって呼ばれるんだろう」とか
「なついてくれるけど、本当は私、認められてないのでは?」
「人が聞いたら“やっぱり後妻だしから”と思うんだろうな、嫌だな・・・」と
チンケな事で一人悶々としていそうだ。(苦笑)

あ~、しかし淋しくなるなぁ。
私、町子の秘書の八木沢さん(いしだあゆみさん)も大好きだった。
真っ直ぐで正義感も強い、仕事も生き方も真面目。
でもその真面目さが時にズレていて、天然ぶりが愛らしいハイミス女性。
いしださんの演技がコミカルで、何度笑わせて貰ったか。
編集者さんとの淡い恋のロマンス?も期待したけれど結果は・・・・。
まぁ、あれはあれで良かったのでしょう。(笑)
兄ちゃん(火野正平さん)も良かったな~。
風来坊で、どこで何をしても食べていける逞しさあり。
飄々としたさすらいの男。
でも弟(健次郎)がガンで入院した病室に1人で見舞いに行けない繊細さ。
その優しすぎる「あかんたれ」ぶりにも泣けました。

みんなが最終回まで機嫌よく、後味サッパリの「芋たこなんきん」。
ラストシーンには、本物の田辺先生もサプライズ出演で最後まで楽しませて貰った毒女でした。

※ 田辺先生の隣にもう一人女性が立っていらっしゃいましたが・・・
本物の秘書の方(純子さんのモデル)だったのか?
一瞬でしたが、スラッとしたとてもキレイな女性でした。
もしそうなら、やってくれるね~、NHK!(笑)

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-31 20:49 | 映画・テレビ
ここのところ、ポカポカと暖かい日が続く。
夕方、管理人のおばちゃんから電話があり、また晩ご飯をもらいに
下に降りる。
ホント、世の中悪い人ばかりじゃないよ。
こんな貧乏ったれの毒女にも、ちゃんと目をかけてくれる優しいおばちゃんがいるんだから。(笑)

c0101191_23351418.jpg私の大好きな梅入りお赤飯に、サーモン&サラダ。
サラダはオニオン、レタス以外にもラディッシュやパプリカが色よく散りばめられている。
まさか私に分けてくれる為だけに、こんなに彩りがいい訳じゃないだろうし(笑)、管理人さん宅の食卓が羨ましい。
あ~、ウチなんてサラダだったら、キャベツ
オンリー、レタスオンリーだったもんな。


そしてデザートは大粒の、い・ち・ご。
これは明朝、豆乳をかけていただきま~す☆
お赤飯は一度に食べたら勿体無いので、半分タッパーに移して冷凍。

おばちゃんの話によれば、この週末にまた新大学生(女子)が
入居するらしい。
いいなぁ~、これからめくるめく大学生活が待っているんだわ。(笑)

同じフロアらしいので、どんな女の子が引越してくるのか楽しみな
お局毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-29 23:45 | 日常
雑誌の占いにみる微妙なオンナ心 | Excite エキサイト

占い、結構好きなので私も「姫様占い」なるもの、やってみたかったけど「L25」ってフリーペーパー、どこでもらうんだろう?
首都圏限定?
書店でホットペーパー位しか見た事ないんだけど・・・探し足りないのか?

記事によれば、この占いは「九星占い」らしいから、それで行くと
私は九紫火星。
それって誰になるんだろう?
ってか他に誰がいるんだろう?
クレオパトラやマリー・アントワネットとか?(笑)
確か辰年生まれって九紫火星だから、同級生の殆ど(4月~12月生)が同じなんだよな。
そう考えると、あの子もあの子も一緒・・・で面白くない。
それならまだ12タイプある星座占いの方がマシか?

でも、年齢設定が46、7才までなんだ~。
そんなの、あともう少しじゃん!
こういうのって急に現実を突きつけられたみたいで、確かにビミョ。
未婚で子ナシだから、気分だけはいつまでも「オネーチャン」
つもりなんだけど、世間から見れば「オバチャン」なんだよな。
42才だもんね。
23で出産してたら、ミキティや加護ちゃんの年齢の娘がいてもおかしく
ないという・・・。(汗)

あ~、こんな事なら若さが武器になる時期にめぼしいオトコをつかまえて、サッサと子どもを産んでおくんだったよ。
それで子どもの友人に
「え~、○○のお母さん若い~!お姉さんみたい~!」何て言われて
みたりして。

はははは、自分で書いてアホらしくなって来た。(笑)
どうせするなら、気分の良くなるような占いをして貰いたい、毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-27 22:08 | 日常
Excite エキサイト : スポーツニュース

 <世界フィギュア> 安藤美姫が優勝 浅田真央は銀

もうテレビにかぶりつきで、固唾を飲んで見守った女子フィギュア。
普段この時間は夕ご飯を食べながらのテレビ鑑賞だが、この金・土は
早目にご飯を済ませ21時を待った。

男子も迫力があって面白いのだが、私はやはり女子の演技の応援に
力が入ってしまう。
長い手足に色取り取りのヒラヒラ衣装。
それぞれがみんなチャーミングで、本当にキレイ。
ドキドキしながらも、音楽がかかるとうっとりと見てしまう。
中野選手なんて色白な肌に淡いピンクの衣装がよく映えて、清らかで。
以前アイスショー(荒川静香さん出演)を見に行った友人が
「すごかったよ~、優雅に見えるけど滑る速度、メチャメチャ早いんだよ~。
それに靴で氷が削れる音も結構大きくて、ビックリしたよ。」と言っていた。
私も行きたかった。

で、土曜日のフリー演技。
あれ4分間でしたっけ?・・・長く感じました、私は。
最初から転ぶ選手が多かったから、気が気でない。
でも、結果は・・・・・

やった~!ミキティ、良かったね~!
真央ちゃんもよく頑張った!

前回のオリンピックでは何度も転倒、全くのド素人の私から見ても
気の毒な位だった安藤選手。
それなのに、人間はこんなに変われるものなのか?と言う事を
実証してくれた。
地道な努力はもちろんの事、精神力、集中力・・・さすがやっぱり本物
これが強いスポーツ選手なんだな、と実感した。

正直、今回は安藤選手に「金」をあげたかった。
前日のショートプログラムで2位につけてチャンス到来!
このまま逃げ切って勝てればいいな、どうか転ばないように、
ケガしないように・・・と思っていた。
なんて私なんかが言うとエラソーだけど、やはりオリンピックの時の
自信なさ気な表情が忘れられなかった。
笑うとニパッと大きく花開く笑顔、私の大好きな笑顔が見たかった。

勿論真央ちゃんも愛らしくて大好きだ。
(浅田選手、って書かないあたり・笑)
恵まれた肢体に、あどけない顔立ち。
受け答えも背伸びせず、すくすく育った素直な女の子、
周囲からどれだけ大切に愛されて育ったかが分るような女の子。
なのに滑ると軽々、ピュンピュン飛んでみせてくれる。
努力・苦労があまり表に出ない、損なのか得なのか分からない(笑)
癒し系スポーツ選手。

でも今回はミキティが「金」で良かった。
真央ちゃん、悔しかったと思うけど、まだまだ若い!
これからいくらでもチャンスはあるから、今回はガマンしてね、ごめんね、という思いで応援していた。

で、気持ちよくテレビ観戦を終えたのだが、私、何かを忘れている・・・?
何だっけ?
思い出せないまま一夜を過ごし、今朝起きるなりいきなり思い出した。

私、「ハゲタカ」、録画し忘れてた~!!!(泣)
NHKの「ハゲタカ」、毎週楽しみにしてたのに!
大好きなドラマだったのに!
鷲津が撃たれて重症・・・で終わったのに!
この土曜が最終話だったのに~!!!(泣)

呆然ですわ。
自分が信じられまへん。
あ~、再放送してくれないかな。
NHKってよく再放送やってるけど、ドラマはどうなんだろう?
HPでも見て、あらすじ読むしかないのかな・・・。

こうして、肝心な時にホント役に立たない毒女でした。(猛省)

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-25 20:44 | ニュース
珍しくNHK「すくすく子育て」を見る。
何で子ナシの私がこんな番組を?
いえいえ、テレビをつけていたらたまたま始まったので、
面白そうだから見入ってしまった。
特集は「わが子が可愛く思えない」<親子の相性>
確かに相性ってのもあるよな・・・と思いつつ、私と母親の事を考えていた。

ぶっちゃけ、私達母娘の<相性>は良かったとは言えないだろう。
小さい頃から本当によく怒られた。
母親から見ると私は、とにかく「何をさせてもどんくさい」
「イライラする」
存在だったらしい。
長女(長子)で親も余裕が無かったんだろうが、4才下の弟が実に要領がよく器用なタイプだったので、余計に私のアラが目立ったというのもあると思う。
(また逃げ足も早いんだ、ヤツは・・・笑)
特に反抗するでもなく返事はイイのに、何度も同じ事で懲りずに怒られる「愚鈍」な姉。
後に弟から
「何でお姉ちゃんは、“コレをしたら怒られる”って事をするんだろう?
どうして何も考えないのか、不思議でたまらなかった。」と聞かされた事がある。

って事はやっぱりアホな姉だったんだろう。
4才も下の子に、そう思われてたんだから。(苦笑)

でも、こんな姉でも学校では「しっかり者」。
母親の評価<先生の評価が格段に高かったので、学校が大好きな
子どもだった。
家とは違って、かえってノビノビ出来る。
先生や友達が認めてくれる。
顔を見ればすぐ怒られる家よりも、何かと褒めてくれる学校の方がはるかに居心地が良かった。
なので夏休みなどの長期休みはつまらなくてつまらなくて・・・・
半ドンでいいから学校あけてくれないかな、と思った程。(笑)

それは今も同じかもしれない。
帰省してもあの「家」では気が休まらない。
母親の前が一番「いい子」。(のフリ)
私にとっては他人様の中にいる方が心が安らぐ。
なので「あ~、やっぱり家が一番いいわぁ」と言える人が羨ましかった。

今思えばどうせ何をしても気に入られないんなら、もっとワガママ・
甘えたちゃん
でいれば良かったのかもしれない。
しかし「腐っても姉」、親の期待に応える=子どものつとめ、姉のつとめと
無意識に信じていた私にはそれが出来なかった。
ハッパをかければ負けん気を持って頑張ってくれる、そんな子どもであって欲しいと願った母親。
彼女自身が「なにくそ!」と頑張るタイプだったそうだから。
でもごめんなさい・・・元々の性格もあるのか、私それほど負けん気、
強くないんです。
むしろ打たれ弱いから、ずっと怒られてるとシュン、となってしまう。
「悔しさがバネ」とは、ならないタイプみたい。
親娘でも、あなたとは違うんです。(苦笑)

もし、私に子どもがいたら、どんな子育てをしていたんだろう。
私も母親みたく一挙手一投足に細かいチェックを入れていたんだろうか。
私に似てボーッとした子だったのか。
弟みたいに目端の利く子だったのか。

今となっては夢まぼろし、出会う事の無かった我が子に思いを馳せる
毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-23 23:42 | 日常
そう言えば、今日って「春分の日」だったんだ・・・と夜になって気付く。
ホント仕事をしてないと日にちの感覚がなくなっていく。
だって毎日が日曜・祝日だもんな。(苦笑)

考えてみると・・・この日曜日から今まで(水曜夜)
誰とも喋ってない~!!

お店に買物に行く他には誰とも会ってないし、電話もない。
携帯メールを友人1人と、数回やり取りした位。

・・・恐ろしい。
月の前半に予定が集中したから、と言う訳でもないのだろうが、
「予定」って無い時は全く無いものなんだわ。
長期間誰にも気付かれず、孤独死していくお年寄りが多いのも
分かる気がする。
42才でも、これだもんね。(汗)
スケジュール帳なんて要らないわ。
いっその事、誰とも喋らずに何日過ごせるか記録でも作ろうかな。

世間はだというのに、すっかりおこもりさん。
これは用が無くても、無理矢理にでも、外歩きをしないといけないか?と
危機感を募らせる毒女でした。

※ でも外に出ると、お金を使っちゃうんだよな・・・これがネック。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-21 21:48 | 日常
昨日の事を引きずったまま、今日もテンション低し。↓
予定しいた部屋の掃除もせず、グダグダと過ごしていたら生理が来た。
よく、肥満体型だとホルモンバランスが崩れがちで周期が狂うとか、
生理が無くなるとか聞くけれど、毎月キッカリお出でになる。
時々多少のズレはあるものの、大きくズレ込む事はない。

もうこの年なんだから、そろそろ無くなってもいのに・・・
どうせ、今後子どもが出来る事もないだろうしさ。(すっかりいじけ気味)
閉経って、まだ先の事なのだろうか?
個人差があるとは聞くけど、女性ホルモンが出るような生活、
してないもんね、
いっその事早く終わっちゃって欲しいよ。

と願いつつ私はナプキンを色々買って試してみるのが大好き。
新製品が出ると、すぐ買いに行きたくなっちゃう。
でも結局は自分の中の「定番」に落ち着くんだけど。

色々使い分けるのも好きで、今4種類を日数によって使い分けている。
私はメッシュタイプより、ふんわりタイプの方が好きだけど、厚さや長さは
さまざま。
商品名等書くと生々しいので控えるが、「ソフィ」系が優勢か。(笑)

しかし私は生理痛が極めて「軽い」方なので、その点は有難い。
友人の中には、余りの激痛に油汗、駅のホームで倒れこんだとか、
事前に鎮痛剤を服用しておかないと、生理が始まったらもう効かないとか、
非常に「重い」女性も多い。
勿論、全く不調を感じない訳ではない。
腰がだるいとか、下腹が重いとか、余計に眠いとか不快感はあるけど、
楽しいイベントがあれば忘れていられる位、軽い方だと思う。
薬を飲む必要もない。
寧ろナプキンを持ち歩かないと行けないとか、交換の煩雑さの方が面倒。
あっ、それでも食欲はかなりダウンする。
痛いから食べたくない、ではなく、本当に空腹を感じない=食べても
食べなくてもいい
、って感覚。
あんなに大好きなお菓子にも食指が動かず。
いつもの食欲がウソのよう。
(まぁ、最初の2日ほどだけですが・笑)

なんて、呑気な事を言ってられるのも、あと何年なのかな。
「あがり」が来たら、、もう新製品の使い心地をチェックする事もなくなるんだよな・・・
それも少々淋しい気がする毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-19 23:33 | 日常
今日、夕方からいつものスーパーに車で買出しに行った。
1Fの食料品売り場で、これまたいつものようにカゴを提げて
お買い得品を物色していた。

その時、偶然にも友人夫婦家族を見かけた。
金曜日に遊びに行ったばかりの、「もんちゃん」(2才9ヶ月)家族だ~!
こんな所で、しかもこの広い売り場で見かけるなんて、珍しい~!

でも・・・私は声をかけられなかったのだ。
あんなに仲良くしている友人夫婦なのに!
友人(母)と同じく、ダンナ(父)とも大学時代からの知り合いで
この2人とは20年来の付き合いなのに。
ショッピングカートに乗せられた可愛い「もんちゃん」も一緒なのに!

私はこの3人を見かけて、逃げるように身を隠した。
そして、すぐ反対側の売り場に向かって歩いた。

反射的に隠れてしまった。
いつもなら進んで声をかけるのに。

私が見かけた時、
友人夫婦はスパイスの売り場にいて、2人で楽しそうに商品選びを
している所だった。
「もんちゃん」だけがこっちを向いていて、一瞬「おっ?」という表情をした。
短い時間だったが、カートに乗せた2つのカゴにはイッパイの食料品。
それは「家族」そのもの。

私のカゴには、ただ1人分だけの食料。
一人暮らしだから当然なのに、ものすごく自分が惨めだった。
また、コソコソ隠れるその行為自体が情けなかった。
仲良しの友人なのに、声をかけられない程、彼女達家族は眩しかった。
私には眩しく見えた。

そう考えると、
日曜のスーパーは私が作り損ねた「家族」連れ
ばかり。

少子化なんてウソだろ?という位の子ども、
お父さんが運転する車で家族揃ってお買物。
友人も運転免許を持っていないので、どこへ行くにもダンナの運転。
免許ナシでも不自由はないらしい。
家庭的なダンナはどこでも連れて行ってくれるから。

久々に・・・ものすごく落ち込む。
42才、独身、子ナシ、一人暮らし。
イレギュラーな生き方を自分で選んだ結果が、今日のこのザマだ。
幸せそうな友人夫婦と真っ直ぐ向き合えないほど、私はこんなにも
卑屈になっている。

いつもはそんな事に気付かないフリをして生活しているが、
その「瞬間」に漏れ出してしまう。
どうしようもない圧倒的な孤独感。

これが私の本質、正体、性根。
人生勝ち負けじゃない、と慰めつつも、この「負け」感は如何ともし難い。

今、42才。
これが50才、60才になるともっと孤独感をつのらせるんだろうな。

気分が落ちてきた。
が、とりあえず、こうして感情を吐き出せる場所があることに感謝。

今日は毒を吐く気になれない毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-18 23:53 | 日常
最近、私が感動したこと!

金曜日は予定通り子持ちの友人宅へ遊びに行く。
行くと2才9ヶ月の一人娘「もんちゃん」は相変わらず元気イッパイ。
おもちゃ箱をひっくり返しては「お気に入り」を見せてくれる。
しまじろうのお人形、トトロの絵本、アンパンマンのパズル、キティちゃんのコップ・・・
母親である友人は昔からキャラクターものが大の苦手だが、
玄関先にはどピンクのキティちゃん三輪車が鎮座している。
(あまりの派手さに、友人夫婦は引いて歩くのが恥ずかしいそうだ)
で、「もんちゃん」は来る人来る人にこの愛車を自慢する。
指差して「キティちゃん!」と言うだけだが、私も行く度にこれを自慢、
教えて貰っている。
もんちゃん、私もうソレ10回以上聞いてるんだけど。(笑)
ホント子どもって自慢だーいすき、ってより
人間ってこんなにも自慢したい、分かって貰いたい生き物
なんだな~、と痛感する。

で、こんな可愛い盛りの「もんちゃん」だが、オバハン2人は十分
かしましく、ついオトナの話の方に熱中してしまう。
特に友人は普段イイ嫁をしているので、愛娘を忘れてウップン晴らし。
我々オトナがきわどいおしゃべりに花を咲かせては大笑い。
そうなると当然「もんちゃん」はノーマークになりがちで・・・

が、彼女を見ると・・・笑っているのだ。
いや話の内容を理解してではない。(理解してたらコワイかも・笑)
私達に交じるかのように「あはははは」と大きな口に手を当てて、
笑っている「マネ」をしているのだ。

それを見て私達オトナは笑う。
意味が分からなくても合わせて笑ってみせる幼子の様が面白くて、
愛しくて、今度は彼女を見て「笑う」。
すると「もんちゃん」も、自分にみんなの注目が集まったのが嬉しくて、
楽しくて本当に「笑う」。
カラダ全身でキャッキャッと笑う。
その嬉しそうな無邪気な姿を見て私達も笑う。
みーんなが笑う。
笑う→笑う→笑う・・・笑いが笑いを生む「笑い」のスパイラル。

しかし・・・子どもってコミュニケーションの天才だな。
以前誰かが、
『楽しいから笑うのではない、
笑うから楽しくなってくるのだ』
と言っていた。
その言葉がフッとよみがえった毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-17 23:00 | 日常
Excite エキサイト : 社会ニュース

<立ち食いそば店>ネズミ入りカレーで18食 新小岩駅

聞くだに身の毛のよだつニュースだが、私はしょっちゅう「カレーうどん
(そば)」
を食べている。
特に冬場は手っ取り早く温まりたくて、家でも週に3食は食べている。
なので、このニュースはうっ、と胸に詰まりそうな衝撃↓↓↓

はじめ、牛肉・豚肉と偽って、ネズミの肉を偽装混入でもしたのか?と思ったが、そうではなかった。
(それも怖いけど・笑)
もっとシンプルで、「そのまんま」のニュースだった。

しかし・・・この会社はよく正直に発表したと思う、
良くも悪くも。(苦笑)
雪印や不二家の不祥事を胆に銘じてか、真の「信用」を失わない為に
発表したのは、かなりの思い切りが要っただろう。
ただ、もし私が本当にここで食事をしていたら・・・・?
<ネズミ入り>は聞きたくなかったかな~、正直。
お金を返してくれる、ってそんな少額貰ったって全然嬉しくないよ~↓
体調を壊しても余程ひどい腹痛でもなければ、「またいつもの食べ過ぎ?」何て能天気に済ませる事が出来るし。
真相を知ってしまったら、このお店に限らずもう外食出来なくなりそう。
でも頑張って汗かきかき謝罪してたもんね、社長?さん。
やはり、お疲れ様でした、と言いたい。
偶然大当たりを引いてしまった「食べちゃった人」、もう今頃は大に
出ちゃったかな?
でも朝から立ち食いそば屋さんで、<ネズミ>のダシガラ入りカレーを
食してもびくともしない頑健なカラダは今後自慢になるはず。
丈夫に産んでくれたご両親に感謝、という事で・・・(笑)

c0101191_22255276.jpgところで私の今日のお昼も「カレーうどん」
折角なので披露せんと写メを撮ったが・・・
見た目ワルッ!
3袋100円の袋入りのおうどんをレンジで
程よく温めて、その上から98円のレトルト
カレー
をかけるだけ。
だしも何もなく、ただのおうどん+カレー(レトルト)のみ。
あっ、ネギを沢山乗っけるのが好きだから、これも絶対欠かさずに。

今日は目先を変えて細めんにしてみたけど・・・ちょっと細すぎたか?
本当は「あん」でとじてある和風のカレーうどんが好きなんだけど、
私にはムリかな。(笑)

そう言えばこの何年か、カレーを大鍋でまともに作った事がない。
いつも安レトルトか、美味しいものが食べたい時は外食で済ましている。
この世にレトルトが無くなったら・・・カレーを食べる機会は今の1/10位になりそう。
それは大いに困る。(汗)

で、体長8センチの「ネズミ」だが、これは頭からお尻までだよな。
尻尾は入ってないよな。
ところで今回のネズミって、尻尾はどんな風だったんだろう?
丸くて短いの?それともミミズみたいに長くて毛が生えてない尻尾?
私、この長~い尻尾、大大大大大嫌い!なんだけど。
・・・あ~どちらにしろ、ネズミはミッキーとハム太郎くらいで勘弁して欲しい毒女でした。

[PR]
# by kakukaku-sikajika | 2007-03-15 22:42 | ニュース